水溶性・不溶性食物繊維の違い

水溶性と不溶性ってなに?ダイエットや美容はどっちが有効?

 

食物繊維は大きく分けて、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けられます。
文字の如く、水溶性食物繊維は水に溶け、不溶性食物繊維は水に溶ける事がありません。

 

水溶性食物繊維は粘性と保水性があり、胃の中で食べ物を包み込む事で吸収を遅らせるために、急激な血糖値の上昇などを防いだり、脂肪の吸収を抑制させる働きがあります。又、コレステロールを下げるのにも有効です。
腸内で発酵し易く、善玉菌の餌になるので、腸内の環境を整えるのにもとても有効です。
水溶性食物繊維は昆布などの海藻や芋、マメや果物などに多く含まれます。

 

不溶性食物繊維は、保水性では無く、吸水性に優れた食物繊維なので、食べたものの水分を吸って何倍にも膨れますので、満腹感を得る事が可能です。その為ダイエット商品などにも良く使われています。食べたものを何倍にもする事で町内での便の量を増やし腸壁を刺激するので、便の流れを良くし、腸内の有害物質の排出の手助けをするものです。
不溶性食物繊維には、セルロースやヘミセルロースやキトサンなどがあります。

 

双方とも腸内の環境を整えるのには、とても有効で必要なものですが、バランス良く摂る事が重要です。

 

水溶性食物繊維1に対し不溶性食物繊維は2の割合で摂る事が望ましいとされています。